パパ活に興味がある女性の中には、

・「デートをしてお小遣いをもらうって違法ではなんじゃ?」

・「知らない男性と会うのって、危ないよね」

そんな不安を抱いている方もいるでしょう。

今回は違法行為にならない『パパ活』の条件や、安全にパパ活を行っていくために必要な3つの心得について紹介します。

パパ活に潜むリスクを回避するため。また、パパ活でやってはいけないこに手を出さないように注意するためにも、正しい知識を身につけてみませんか?

パパ活は違法?限りなくグレーに近いお仕事です!

そもそもパパ活は違法行為にあたるのか?この答えは『限りなくグレーゾーン』といえます。

一口にパパ活といえどパパ活をしている本人、パパの状況、どこまでを『パパ活』とするかは女性それぞれ異なるでしょう。

そこで着目していただきたいのが以下3点です。

  • 肉体関係の有無
  • パパが既婚者か未婚者か
  • パパ活を行っている本人の年齢

主にこの3点で、あなたが行うパパ活の違法性を判断できます。

違法なリスクがあるパパ活1.肉体関係がある場合

パパ活は大きくわけて2種類あります。

ひとつは、食事やお出かけなどのデートを楽しむパパ活。

もうひとつは、デートと肉体関係を行うパパ活です。

後者の場合、違法性を問われるリスクを含んでいます。たとえば肉体関係をもっていて、その対価としてお金を受け取ると、売春行為(援助交際)と判断される可能性があるからです。

とはいえ、ここが非常に線引きの難しい部分でもあります。

なぜなら、パパ活は肉体関係の対価としてお金を受け取っているわけではなく、知り合った男性と食事やデートを楽しみ『お小遣いをもらい』、場合によっては肉体関係もあるかも……という流れだからです。

たとえば普通恋愛でも、特定の男性とデートや食事を楽しんで、プレゼントをもらったり、ご馳走してもらったりしながら、交際に発展することがありますよね。

そうなってくると、パパ活で肉体関係があるからといって、違法になると言い切れないのが現状です。

違法なリスクがあるパパ活2.パパが既婚者の場合

肉体関係があっても、売春行為に該当するとは言い切れないパパ活ですが、パパが既婚者である場合、『肉体関係』があることで不貞行為(不倫)と見なされてしまいます。

肉体関係のある浮気は、離婚理由のひとつとして認められますし、相手である女性が慰謝料を請求される事例も珍しくはありません。

とはいえ、「既婚者のパパがいるけど、肉体関係はないから」と安心するのは危険!

なぜならパパの妻である女性が「あなたと夫のデートや交際によって精神的苦痛を与えられた」と主張すれば、たとえ肉体関係がなくとも、慰謝料請求をされるリススは高いです。

違法なリスクがあるパパ活3.女性が未成年である

パパ活の注目度は中高生の間でも高いでしょう。しかし、パパ活をしている本人が18歳未満の場合、児童ポルノ法で罰せられてしまいます。

児童売春の観点では、実際に肉体関係をもつ『性交』だけでなく性交類似交渉も処罰の対象となっているからです。

未成年でパパ活を行った場合、『5年以下の懲役又は300万円以下の罰金』となります。

安全にパパ活で稼ぐために心掛けたいこと4選

パパ活に潜む違法性を踏まえながら、次に安全にパパ活で稼ぐために知っておきたいことを4つ紹介します!

1.成人してから未婚のパパを見つける

パパ活を行う大前提として、成人していること。そして未婚のパパを選ぶこと。この2つに徹底しましょう。

現在、既婚者のパパとお付き合いがある女性もいると思いますが……未婚者であるか既婚者であるかによって、パパ活のリスクはかなり軽減されます。

2.個人情報がわからない人とは会わない

パパを見つける手段として、Twitterや出会い系アプリの掲示板を使う女性もいますが、こういった『個人情報』がわからない場所でのパパ活もトラブルリスクが高いです。

本人確認のない場所でパパと会った場合、万が一トラブルに巻き込まれたとしても、相手の個人情報がわからないからこそ、あなたが狸寝入りせざるを得ないからです。

第三者を介した出会い方なら、安全度を高められるといえるでしょう。

相手も自分も本人確認を行っているからこそ、節度のあるお付き合いができる可能性が高いです。

3.交際倶楽部でパパ活する

交際倶楽部とは、男性と女性のデートをセッティングしてくれる場所です。

男女ともに身分が明確であり、審査通過者のみが登録できます。

ファーストデートを第三者のコンシェルジュが仲介してくれるため、個人間のやりとりも安全ですよね。

1回目デート以降は、自由恋愛という合法的な形態ですが、交際倶楽部でも不倫に相当する交際は推奨されていません。そのリスクを管理するため、登録者は既婚・未婚の有無を掲載しています。

4.ギャラ飲みで稼ぐ

ギャラ飲みとは、飲み会に参加してお手当を貰うことを意味しています。

これをセッティングするのは、第三者である運営側なので、困ったことがあったら相談できる安心感があったり、個人間でのやり取りを行う必要がなかったりするので、より安全にパパ活ができます。

違法性の低いパパ活でもトラブルはゼロでない!?

とはいえ、どんなに注意を払っていても、個人と個人のお取引となるパパ活では、そのリスクをゼロにすることができません。

パパ活で起こりうるトラブル事例を少しだけ紹介しましょう。

  • パパ活で別れを切り出すと、今までのお手当を返せと言われた
  • 職場や学校にパパ活をしていたことをリークする
  • デート中に動画や写真を盗撮していた
  • 肉体関係をしつこく強要してくる
  • 個人情報等をSNSで拡散すると脅してくる

こういったトラブルは、普通恋愛でも起こりうる可能性がありますが、お手当が発生するパパ活だからこそ、普通恋愛よりもトラブルに巻き込まれるリスクが高いといえますよね……。

あなたが細心の注意を払っていても、パパの受け止め方や、価値観によっては、何が起きるかわからないのです。

そういったトラブルを回避するためにも、パパが信頼できる人なのかどうか見極めること。そしてお付き合いの中で、あなたもパパに信頼される態度で接することが重要となります。

「お金目的でパパ活がしたいだけ」そんな気持ちはいつか相手に伝わるのです。

パパ活を安全に行うためにも、「どんな気持ちでパパと接すればいいのか?」という部分を今一度考えてみましょう。

まとめ

パパ活は「普通に仕事をするより楽だし稼げる」という意見もありますが、いい面だけ注目してはなりません。

デメリットやリスクを十分に踏まえたうえでパパ活をしないと、あなたが危険な目に遭う可能性が高くなるのです。

この記事で紹介した違法性やトラブル事例を甘くとらえず、安全なパパ活を行ってくださいね。

おすすめの記事